読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今なにしてる?

 

今なにしてるのかみたいな話を書きます

 

 

就職活動をしています。

世間の波に乗って3/1から合同説明会行ったり試しにES書いてみたりしています。

周りは夏からインターンとか行ってて選考進んでたり内定もらってたりしてて大変こころが厳しいです。

ですが私は私のペースで就職活動をしています。

 

っていうのもほんとについ最近まで絶対なにがなんでも院進してモラトリアムを伸ばそうと思っていたのでとにかく腰が重たい。

動きたくない働きたくないスーツ着たくない面接したくないなにもしたくなーーーいといった感じです。

 

 

なんでそこまでして今就職活動をしているかというと、一応私なりにきっかけがあって。

 

昨年の12/22に地元糸魚川で大規模な火災があり、実家こそ燃えなかったものの、実家から数kmしか離れてないところが1日で焼け野はらになってしまったわけです。

この日はテストやらバイトやらでてんやわんやしていました。お昼頃にTwitter糸魚川が火事になってることを知りましたが、どうせすぐ鎮火するし大したことないんだろうと思って軽視してたんです。

しかし夜になってやけに鎮火の報道が遅いなと思っていたら、バイト先のテレビでニュース番組を見て息をのみました。知っている町並みが火に飲まれていく光景、なんなら親戚の家の隣の家が焼け落ちる瞬間まで報道されてて、唖然としました。

 

そして年が明けてから帰省して、糸魚川の被災の様子を見にいきました。

思っていた以上にショックでした。

中学校から電車通学だったので駅周辺は毎日通っていました。その毎日見ていた景色(景色ってほど大層なものではなくて、ただ当たり前のようにそこにあった建物とか道とか)が一変して黒こげになっていました。

商店街の雁木もぼろぼろに崩れてて、親戚が経営していたスポーツ用品店も瓦礫の山になっていました。瓦礫をよく見ると、これはグローブだなとかこれはスポーツ雑誌だなとかわかってしまうので、余計に心が痛みました。

一番被害が甚大なあたりを少し離れてみても、一見無事に見える民家でも屋根に火の粉がかかって天井が抜けてたり、壁に穴が開いていて部屋のなかは真っ黒だったりして、空襲のあとみたいな有り様でした。

海沿いの国道8号線を走っていても、火災の一帯付近を通ると一気に視界が開けるんです。そんなレベルで建物がなくなっていました。

 
f:id:anschluss699:20170428020939j:image
f:id:anschluss699:20170428021001j:image
f:id:anschluss699:20170428021035j:image
f:id:anschluss699:20170428021100j:image
f:id:anschluss699:20170428021116j:image




 

正直、火災も含めて災害なんていつどこで起こるかわからないし100%防ぐことは不可能だろうと思っています。

人間が火を使う限り火災が起こるリスクは絶対にあるし、かといって人間は火を使わずにはもう生きれないですから。

でも、起きてしまった災害から復興することはできると信じています。

糸魚川の焼け跡にもいつか新しい建物が建って、駅前の活気を取り戻していけるはず。

ならば、わたしは糸魚川のためになにかできるだろうか、と思い至ったときに、今のままじゃ大したことはできないことに気づきました。

 

大学生って成人こそしてるけど、まだまだ社会に守られてる側で

程度の差こそあれど親に扶養されてる人がほとんどだし

年金・納税とかも正直よくわからない。(これは普通に私の知見が足りない)

学びたいことは山々とあれど、社会に貢献するには、やはり社会に出る必要がある。

社会に身を曝してこそ社会を作る側に回れるのかなと思い至りました。

 

 

 

すごく長い文を書いてしまった、履歴書とかエントリーシートより長いぞ

とりあえずGWにまた糸魚川に帰って様子見れたらなと思います

そしたら気持ちも変わるかもしれないし

 

やっていきたいようにやっていきます

 

2016備忘録

あまりに寝れなかったので書いていきますがこれを書いているのは2017/02/27なので正直恐ろしく記憶がない。

幸い手帳があるので手帳に書いてある予定をもとにやっていきます

 

***

 

1月

「ボーノ」という文字列があってびびる

帰省しないわりに冬休みになにもしなくて、後半はなんかめっちゃバンドしてた

執行代だしね、うんうん

 

2月

弟の受験の世話をしがてら東京でふらふら遊んでた

このせいで何日か授業犠牲にしたわりによく単位来たなと思う

たぶん人生で最初で最後の再履授業(英語)

英語の集中はコスパのいい我慢大会

 

3月

2/29から単身関西Dreamerをする

やっぱりひとり旅は最高

3/8〜10はjsys15で金沢夜逃げ

やっぱり団体ノープラン旅は最高

上旬遊びまくって中旬追いコンでモールルやって(パンツ買わされて)エモになって

下旬に春日温泉部で箱根に行った、謎だったけどやっぱり最高だった

遊びすぎて破産しなかったのが不思議でならない。

 

4月

記憶も予定も村の新歓しかない、病気か?

カレパでうちに来たかわいい後輩が村にもTOJOにも入ってウケた

欲を言うなら上越の成人式が見たかった

 

5月

成人式がありました

一応行って良かったなーって感じ、行かなくても後悔はしなそう

成人式に同窓会がセットでついてくるタイプの人生を歩みたかったなぁと思いました

後撮り写真は燃やしたい出来になったのでお見合い写真はいつか絶対撮り直す

 

6月

夏合宿隊長とユニステ隊長とJulive隊長を全部平行してやってたので一難去ったらまた一難くる感じだった

どうやって回してたんだこれ(?)

規模大きめの高校の同窓会があって、わりとよかった

 

7月

前日飲み会で翌日BUMPのライブで翌々日は海に行ったのに誕生日当日になにも予定がない人になってしまった

日頃の行いだね〜〜〜〜〜〜〜!!!!!

バースデーで頭悪いことが出来たのとまたバニラズができたのでハッピー

 

8月

ロッキンでスマホを割った、まさにロック(?)

帰省したら奇跡的にいくらちゃんに会えたのがわりと嬉しかった

さわやかサマフェス1日目トリありがとうございました

来年のUKFCは絶対最後まで一緒にいてくれる人と一緒に行きます

 

9月

天国と地獄の夏合宿、エモかった

あとバイト先で3万なくしたり(後でちゃんと見つかった)

わりと不幸が重なったけどTOJO合宿あたりから復活してきた

はなちゃんいなかったら合宿行ってなかったな、そしたら後悔してたわ

来年はちゃんと最初から最後までTOJO合宿行きたいです

 

10月

念願のユニゾン!念願のtricot!

そして輝く研究室バトル!死

研究室のことがずっと頭から離れなくてやきもきしてた

 

11月

エモーショナル体力精神力限界バトル学祭

今年はほんとに限界に挑戦したけどなんとか勝ちました

そしてテンアゲバチアツリアルガチ優勝代替わり

ほんとにほんとにここまであっというまで、いまだに退村した実感がない

でも全部脳内でいい思い出に書き変わってしまってる辺り、引退補正かな

引退してめそめそするかなと思ったけど、そんなことはなく

翌日にTOJO3年飲み

推薦休みにmastわくわく遠足班in箱根

楽しいことをつめこみすぎた、切り替え早すぎか?

 

12月

女子会とかばたそ誕生日会とかぼちぼち村民に会ってた

なんならクリスマス3連休全部村民に会ってた、やっぱ引退してない

そして地獄のコストコバイト

クリスマス前の悲劇などなど

単位はもうちょっと余裕もって回収したかったな

今年も牛久大仏で〆ました

 

 

***

 

 

見たライブ

0217 でんぱ組.inc@Zepp Tokyo

0302 列伝ツアー2016@名古屋CLUB QUATTRO

0306 go!go!vanillas@水戸LIGHT

HOUSE

0324 THE KINGS PLACE LIVE vol.10 @新木場STUDIO COAST

0625 アカシック@東京キネマ倶楽部

0717 BUMP OF CHICKEN@日産スタジアム

0728 FIRST LIVE 2(ayutthaya)@新代田FEVER

0814 ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2016@ひたちなか海浜公園

0816 UKFC on the Road 2016@新木場STUDIO COAST

0930 RED LINE TOUR@恵比寿LIQUIDROOM

1011 Galileo Galilei@日本武道館 

 

出たライブ

0119 ぽるたBD(OverTheDogs)

0123 あたしの心臓あげる

0130 Lalileo Lalilei・CHARI-BYOON

0220 センテンススプリング

0319 にゃーにゃーだめやあん

0412 むくり(迫真)

0419 Lalileo Lalilei

0423 石油大好きクラブ

0429 だんご3姉妹

0514 進撃の広報

0520 たきちゃんBD(BIGMAMA)

0619 あたしの心臓あげる

0719 記録バンド

0723 ベーコン・だんご3姉妹

0726 no!more!cigarettes

0826 ヤバイTシャツのバンド

0827 Lalileo Lalilei・TANIMA

0910 シャンディガフ・さわやかなバンド vs.TOJO K-ON

0911 KUMAMON

0918 パフチュウ・武井のメガネサラバーズ

1002 オレンチシャンテ・ドフジソングとゼンマシステップ

1008 youcot

1016 あたしの心臓あげる

1106 だんご3姉妹

1118 だんご3姉妹・Lalileo Lalilei

1119 TANIMA・さわやかなバンド THE FINAL

1120 むくり(迫真)

1206 ますのBD(andymori)

 

脱出ログ

0213 摩天楼からの脱出@原宿ヒミツキチ

0302 ペーパーキングダムからの脱出@名古屋ナゾコン

0305 奇術城からの脱出@原宿ヒミツキチ

0515 竜王迷宮からの脱出@幕張メッセ

0618 黒き暗殺者からの脱出@つくば市ふれあいプラザ

0810 ある病院からの脱出@後楽園アジト

1029 僕と勇者の最後の7日間@後楽園アジト

結婚式はいいぞ

※この記事はいなふ進捗 Advent Calendar 2016 19日目の記事です*1

 

qiita.com

 

隣の学類から参戦します。あかのです。

絶賛テスト期間なので勉強するべきなんですけど、わりとちょうどいい感じのエモテーマがあったので、よしなにやっていきたいと思います。

 

いなふくんと私

私はmast*2なので、いなふくんとは学類は違いますが、同じ春日エリアのキャンパスメイトです。ちなみに学年は(今のところ)一緒です。関係性で言うと、正直それ以上でもそれ以下でもありませんが、共通の友人(例:@9permmnとか)が多いため自然と仲良くなりなんとなくfriendshipをほどよく築いてやっていっています。

さて、各方面に大絶賛の嵐*3を吹き荒らしているいなふくんのことですから、きっと12/25には無事進捗を産んでくれることでしょう!*4もし万が一何かの拍子でうっかり運悪くたまたま偶然進捗が間に合わなかったとしても、きっといつかは進捗にたどり着くと私は信じています!なので、本記事では、進捗の先に必ず待ち受けている人生のthe most biggest decisionである

>>>>>結婚<<<<<

について取り上げたいと思います。

 

……………という長すぎる前置きはおいといて

簡潔に言うと、昨日(12/18)に私が知り合いの結婚式に参列してきたので、そのことについて書きつついなふくんの結婚について考察してみよう、というお話です。うまく着地できたら拍手をお願いします。

 

 

 

新郎新婦から学ぶ結婚

バイト先*5*6の同僚カップルがこの度結婚することになり、新郎新婦両方の友人としてご招待いただきました。

こちらのカップル、新郎さんは30代前半なのですが、新婦さんは大学卒業して社会人1年目の方です。年の差的にはギリ10年いかないくらいなので、昨今だとそんなに珍しくないでしょう。ここで注目すべき点は"""社会人1年目で結婚""""という点です。新婦さんは4年制大学を卒業されてすぐ就職したので、修士に変換すればM1ということになります。常日頃から「M2で結婚したい」と言っているいなふくんですが、こちらのカップルは実際にM2どころかM1の時点でゴールインを決めてるわけです。(まぁそりゃ社会的な立場とか収入の安定とかいろいろ考慮すべき要素はあるけど) つまり、「M2で結婚」は!決して!不可能ではない!This is the REAL!!!ということがわかります。

そして、こちらのカップルは交際約2年でゴールインしてますので、逆算すると、B3ので交際をスタートしていることになります。つまり、今!このタイミングで!進捗を生むことは!マジ!ガチ!バチボコ!めちゃくちゃ!大事!!!ということですね。

 

 

参列から学ぶ結婚

さて、なんやかんやで結婚式に招待された私ですが、実は物心ついてから結婚式に参列するのは初めてです。2年ほど前に式場でカメラマンのアシスタントをしていたことはありますが、アシスタントの仕事は式前撮影や親族集合写真の準備片付けだったので、式自体には携わったことはありません。カップルの共通の知り合いで付き合う前から見てきたので、すごく楽しみな反面、服装などのルール・マナーについての知見がなく、暇があればググっては不安になる…といった感じでした。

8月頃に連絡があり、

 9月に招待状が届いたので、

3か月前から予定は空けてあったわけですが、なんやかんや直前まで準備しないのが人間の性であります。ホントは前日に東京入りして一泊するつもりでしたがドタバタとつくばを駆けずり回って準備して気づいたら寝坊していました。みなさん準備は計画的に。

ちなみに寝坊して受付に間に合わないと最終的にこんな感じになります。

 

 

挙式

受付できなかったものの、開式1分前にギリギリチャペルにすべりこみ入場をキメることができました。
f:id:anschluss699:20161221102859j:image

都内のチャペルすごい。厳か。さすがにこの雰囲気ではklisの騒音発生器と名高いいなふくんも黙らざるを得ませんね。

チャペルによっては讃美歌が生演奏だったり、ヴァージンロードがガラス張りだったり、いろいろあるらしいです。式場選びにも力が入りますね〜〜〜

讃美歌歌って結婚誓って指輪交換して。たぶんやることはどのカップルも変わらないと思うんですけど、改めて言葉にして結婚する事を誓うこと、それをたくさんの人に見守ってもらうことが大事なのかなぁと思いました。花婿さんも凛々しさが増し、花嫁さんもより美しく見えます。

もしいなふくんが挙式を挙げたら、いつもと打って変わって静かで凛々しいいなふくんが見れること間違いなしですね!(ほんまか?) むしろ彼を黙らせるにはこれしかないんじゃないですかね。ぜひ式を挙げてほしいと思います。

 

 

披露宴

披露宴はとにかく新郎新婦のこだわりが詰まってて楽しい会でした。

  • 新郎新婦手作りメッセージカード
  • BGMが新婦セレクトの邦楽ロキノン系ナイス選曲
  • 式前、お色直し中、式後に新郎新婦手作り(?)ムービー←エンドロールがすごい
  • 新婦母の手作りぬいぐるみ

などなど!

 
f:id:anschluss699:20161221110047j:image

ウエディングケーキが巨大バウムクーヘンで、ファーストバイトで新郎が丸かじりしてたのがいちばん印象に残りました。巨大バウムクーヘンを持ち上げて新郎に食べさせる新婦の笑顔がすごく楽しそうだった(笑)

 
f:id:anschluss699:20161221110933j:image

自分たちも楽しみつつみんなにも楽しんでもらおうとする、新郎新婦の心意気がとても感じられる式でした、この2人らしかった。

 

***

 

春日随一のお祭り男と言っても過言ではないいなふくんが挙げる披露宴、想像してみてください。

まず会場。あの行動力モンスターのことですから、本州で収まればいい方で地元沖縄、または国外も大いにあり得ます。なんなら宇宙進出をしかねません。頼むから参列者のことも考えてくれよなといった気持ちです。

そして演出。映像おじさんのことですから、式中の映像を作るだけでは飽き足らず、式中のダイジェストをその場で編集してくれるかもしれません(ほんまか?) 派手でお祭り好きないなふくんですから、やはり一生に一度となる自分の結婚式となると、ただならぬフェスティバルの予感がします。 

そんないなふくんの隣で笑っている花嫁さんの顔はまだ想像できませんが、 彼ならきっと花嫁も来賓もみんなをハッピーにしてくれる式を開いてくれるでしょう。

 

 

やはりまとまらなかった

結局おつむと文章力が足りなくていい感じにまとまらなかったわけですが。

なにを言いたかったかっていうと、結婚式に出て感化されたのでいなふくんにもハッピーになってほしいなってことです。結婚式において一番幸せいっぱいなのは新郎新婦なんですが、参列者もその幸せをお裾分けしてもらえるのが結婚式の最大の魅力ではないでしょうか。ぜひともいなふくんにはハッピーになってほしいし、周りにうっとうしいほどのハッピーのお裾わけをしてほしいです。いつものような辛い進捗ではなく、たまには結婚式準備という楽しい進捗も味わってほしいものですね。

 

まあ相手いないと結婚できないんだけどね。星●源みたいな塩顔SEになって契約結婚すればいいんではって感じだ。

 

 

 

*1:2日遅れました、ごめんねいなふくんとシンサクくん

*2:情報クソオタクメディア創成学類

*3:弊AdventCalendarの4日目とか6日目の記事を見るとよくわかる

*4:ちなみに私は天然パーマの男性しか興味がないのでいなふくんは永遠の"""ダチ"""だと思っています。男一瞬ダチ一生。

*5:厳密に言うとボランティアスタッフ

*6:もう閉店してしまいましたがここです

実録!血で血を洗う研究室バトル2016

※この記事は、mast Advent Calender 2016 の8日目の記事です※

www.adventar.org

 

 

軽く自己紹介

名前:あかの(@crimson699)

職業:エモジョラッパー*1

所属:mast14 つくば3年目 実委OG あと軽音と映像を少々

近況:サークル引退しました 学類同期と旅行行きました

 

 

はじめに

理系大学生B3なら誰もが経験するであろう"""研究室バトル"""。もちろん弊学類も例外ではない。この記事は、2016年度mast研究室バトルの模様を、経験者目線*2で綴ったものである。mast15以降の後輩諸君、参考にしてほしい。(こんなの参考にするなもっとまともな先輩から直接話を聞け)

 

正直今まで某軽音サークルに尽力しすぎたためmastっぽいことをなにひとつしていなかったのでネタがありませんでした。2^7=128にあやかって12/8を選んだので整数の話でもしようかと思ったんですが弊学類で数学の話をすると死ぬほどウケが悪く死者も出しかねないので控えます。まぁないよりあったほうがええやろという感じで雑に記事を書きます。

 

 

バトル日程・ルール

10/5~11/4 研究室訪問・面談期間

・この期間に希望の研究室の先生にアポを取り必ず面談をする(面談をしていない場合、配属を断られる場合がある)

 

11/1~11/4 エントリー第一ラウンド

・Webのシステムで希望の研究室を1つ登録する

・早い者勝ちではない、エントリー期間中は何度でも希望を出し直すことができる

・定員を超える希望があった場合、各先生の任意の方法で選考される(追加で面談など)

 

11/18 第一ラウンド結果発表

・定員に満たない場合はほぼそのまま配属(面談してなかったりなんだりでそのまま行かない場合もたまにある)

・事前に内定が出ることはない(らしい)

・配属先はWebにて公表される。配属されなかった場合は第二ラウンドへ

 

11/22~11/24 エントリー第二ラウンド

・エントリー方法は第一ラウンドと同じ

・第一ラウンドで定員に満たなかった研究室しか選べない(厳しい)

・第二ラウンド用の面談期間は特にないので、適宜アポをとってやっていく必要がある

 

12/6 第二ラウンド結果発表

・第三ラウンドはないっぽい(だいたいここで殆どの人間が配属決定する)

 

 

開戦

時は10/5(水)3,4限、情報メディア実験B初回授業。

のんきに実験の説明やら大学院の説明やらを聞いてたら、唐突に研究室配属の話が始まる。

いやいやいや待ってくれ、なんなんだこの黒字に白文字赤文字のイカツイスライドは。絶対km先生監修の、完全に人を危機感に駆り立てる配色であった。

聞いてないよママァ~~~~~!!!!!怖いよお~~~~~!!!!!

 

ちなみに学類誌MASTでは毎年、研究室紹介号を発行していて、この研究室配属のオリエンテーションでもらうことができます。こいつがなかなか優秀でした。ありがとうMAST編集部の後輩のみなさん(DOGEZA)

 

 

たのしい面談期間

セルフQ&Aみたいな感じで振り返っていきます。茶番ですね。

 

  • 研究室訪問(オープンラボ)ってどんなもの?行ったほうがいい?

ラボによってまちまちですが、基本的に学生さんが研究紹介してくれたり、研究室内を見学したり、質問タイムがあったりって感じです。わりとゆるっとした雰囲気です。ありえんmastみが深い(?) 運がいいとお茶やお菓子が出たりします。ゆるふわ学類最高。基本的に放課後・期間中に2~3回行われます。日程はWebや研究室紹介号をチェックしましょう。

研究室訪問に行かなくても自分でアポを取れば面談は受けれます。ただ、研究室訪問のついでにその場でアポなし面談ができたり、研究室訪問に行くだけで面談したことにしてくれる(つまりそのまま即希望が出せる)ところもあるので、ちょっとでも興味があって予定が合えば行くことをおすすめします。

 

  • 面談って何するの?怖いの?ねぇ死ぬの?

面談も先生の人柄によってガラッと変わります。

面談のアポはとにかく早めにとることをおすすめします。先生によっては出張等でもともと空いている時間が少なかったり、突然怪我や病気になられたりする*3こともあります。ちなみにあまりに予定が合わないと1限前に面談ぶちこまれることもあるので悪しからず。(面談できないよりはマシ) また、面談は1回限りとは決まっていないので、気になるところに何度も面談しに行ってアピール・相談するのも有効な手段だと思います。私は遅れてアポを取った(10月最終週)先生に、「もう先生たちも誰取るか目星付け出すからきみ遅いよ~~~」って言われました。ぐうわかる of the year.

研究室によっては、面談前に成績を印刷したものや自己PRを用意する必要のあるところもあります。面談はだいたいどこも同じような内容を聞かれます。志望理由・研究したいテーマ・他に見学した研究室などなど…。素直に「まだ研究したいテーマ決まってないです!」って言ってもわりと寛容な先生が多い気がします。やーいゆるふわ学類~~~。

面談が必須ということはすなわち人柄を見てくれているということだと考えています。面談だからといって肩肘張りすぎず、先生に相談しに行くくらいの気持ちで臨むといいと思います。実際、1年間卒研の面倒を見てもらう上で先生との相性はいちばん重要です。いやだって明らかにギスギスした関係の人と1年一緒に過ごすの考えただけでも憂鬱でしょ。お互いの相性を確認するためにもほどほど自然体で面談できるとbetter.

 

  • だいたい何人くらい面談するといいの?

これも個人差が激しいです。私は保険かけたがりなのでちょっとでも興味があれば面談に行くようにしていました。ちなみに9人行きました。聞いたなかだと最低は2人、さすがに1人しか面談しないのはギャンブラーすぎる…。自分が満足できるだけ行けばベストだと思います。

 

  • 研究室を選ぶ上で知っておいたほうがいいことは?

・週何回ゼミあるか

・ゼミでやること

・研究室内でのイベント(飲み会、ゼミ合宿など)

・希望進路(就活or院進)に対するサポート

・卒研テーマの決め方(自分のやりたいことができる、先生から指定されたテーマの中から選ぶなど)

・配属の選考基準

・研究室の雰囲気

・研究室の先輩(特にM1、自分がB4で配属されたときに必ずいるのでお世話になる)

 

だいたいこんな感じかなと思います。研究室訪問で先輩たちが説明してくれることもありますし、気になったら自分から聞きに行ってもいいと思います。特に選考基準は面談のときに先生に直接聞いておいたほうがいいです。

いちばん有効な手段は、先輩から直接話を聞くことです。興味ある研究室に知ってる先輩がいれば最高ですが、そうでなくても知ってる先輩に「○○研究室ってどんな感じですか?」って聞くだけでも意外と有益な情報が得られるかもしれません。だいたいの先輩は頼られると弱いです(ソースはワイ)。

 

  • バチバチ心理戦になったりするの?

1年間、下手したら人生かかってる選択なのにならないわけがないな?

まあどうせエントリーでは名前丸出しになるので心理戦もなにもないんだけど。

「ここの研究室はこんな感じ」とか「ここの研究室希望の人めっちゃいる」みたいな情報がガンガン飛び交うし、10月終盤なんて顔をあわせただけでも研究室の話しかしなくなります。実際、情報やコネはあればあるだけ有利ですが、最後に決めるのは自分なので、惑わされすぎない気持ちの持ち方が一番大事な気がします。鍛えようメンタル。 

ちなみにお隣の学類だと面談期間中に内定が出るらしいですがうちは出ません。禁止ってちゃんとスライドにも書いてあって公示されています。 

 

 

レッツエントリー

なんやかんやで時はすぎ、mast14の高身長イケメン(@tibjorkB)の家で雑に鍋パーティーしてたら、10/31の23:30ごろにシステムがフライングオープンして、晴れて研究室バトル本戦第一ラウンドが始まったわけです。その場にいた人間*4が各々スマホやらPCやらでバンバン登録してあーだこーだ言ってた。

ちなみに弊学類のシステムでは研究室ごとに希望を出した人間の名前が誰でも見れる*5うえ、別に早い者勝ちではないので堂々と殴りあい・戦略的撤退等の戦術がとれます。

昨年は定員いかなかったところが倍率3倍になったり、期間めいっぱい使ってコロコロ希望を変える人間がいたり、なかなかのドラマがあった(ほんまか?)

 

もし定員オーバーしたときの気になる選考基準ですが、完全GPAバトルというわけではないみたいです。面談での印象・成績(特に先生が担当していた授業)などを総合的に見て決めるところが多いみたいです。なので、定員オーバーしたあとに希望を出した人全員と改めて2回目の面談をする先生もいます。ちなみに進路希望(就活or院進)は研究室によって重視するところとそこまで考慮しないところがあるので、気になる場合は面談であらかじめ確認しましょう。

 

 

結果発表

筆者はいろいろ考えて戦略的撤退をしたので、無事定員ぴったりで希望を出した研究室に配属されました。やったぜ。

ほんとは2〜3個の研究室で迷ってたんですが、しばらくみんなの希望の様子見していたら、定員にゆとりがありそうなところがひとつしかなかったのでそこにしました。というのも、第二ラウンドで興味ないとこばっかり残ってるなかから選ぶよりはマシだと思ったからです。あとサクッと決めて精神的に楽になりたかったというのもあります。

倍率が高くても大本命の研究室に希望を出すのも、アンパイを狙っていくのもその人次第です。なんか大学受験と似てるなこれ

 

定員オーバーで落ちた人は第二ラウンドに回ります。主な流れは第一ラウンドと一緒ですが、選べる研究室は定員にゆとりのあるところだけです。第二ラウンドこそ早さが命、だいたい第一エントリー締切後からすぐ第二ラウンドに向けて動き出していると、第二ラウンドで救われやすいみたいです。

第二ラウンドでだいたいの人は配属が決まります。第二ラウンドでも落ちた人は個別に連絡が行くようです。さすがに未定の人が大量にいたら第三ラウンドはあるのかな…?

 

 

まとまらないなりにまとめ

思い付くままにザーッと書いたらかなり分量がある上にまとまりませんでした。こんな文を最後まで読んでくださりありがとうございました。ほんのちょっぴりでも参考になるとよいですけど正直百聞は一見にしかず。ハッピー研究室配属ライフのために大事なことを3つ列挙して終わります。

 

  1. 早め早め積極的に動く
  2. 同期・先輩とのコネをコネコネする
  3. †強靭なメンタル†

 

絶対にみんなで4年で卒業しような〜〜〜!!!!!

 

 

*1:エモい喪女のラッパー

*2:あくまで一個人の経験でしかないので、独断と偏見まみれである

*3:これは本当にあった話、私は結局この先生と面談できないまま期間が終わりました

*4:この時、雑に12人くらいいた。mast14では稀に見る集合率だった

*5:もちろんシステムにログインできる人間、つまり研究室配属対象者及び先生方のみ

大サマー合宿祭り2016_後編



夏休みが終わらないうちに夏休みのビッグイベントはちゃんと振り返ろうな

 

 

【3日目】

集合30分前に起こされる

同期ガールズのギリギリまで寝たい精神ほんとすき

昨日みたいな寝起き痛烈パンチは喰らわなくて済んだけど、自分の身支度を一切しないで寝たから痛烈パンチ喰らった

30分で身支度と各位に連絡できるレベルに脳を覚醒したので褒められたい

ハーレム車を決めるために卓球をしてもらった(?)

 

隊長車の本日最初の目的地は病院(大爆笑)

患者が自力で運転して病院に行くおもしろ展開になった


f:id:anschluss699:20160921025631j:image

伊豆赤十字病院最高!いちばんすきな病院です

 

近くのコンビニにいたら診察すぐ終わってたちかわ乗せて出発

近くに温泉街があるらしくてとりあえず向かう


f:id:anschluss699:20160921025846j:image

去年の夏合宿でもよくわからない寺に行ったので寺運がある(?)


f:id:anschluss699:20160921030054j:image
ジェラートおいちおいち

天才なので温泉街で温泉に入らなかった、足湯くそ混んでた

 

ここから車内メンバーが誰も行かなかったとこにいこうってことになって、もう南伊豆しかないということが判明し、気合いで下田まで向かう

ひっそり下田の水族館狙ってたのでがっつぽ

 


f:id:anschluss699:20160921030533j:image

道の駅の三色丼は人権の味がした

 


f:id:anschluss699:20160921030628j:image
f:id:anschluss699:20160921030647j:image
f:id:anschluss699:20160921030805j:image
f:id:anschluss699:20160921030834j:image
f:id:anschluss699:20160921030857j:image

下田海中水族館はいいぞ。

ショーが充実してて永遠にキャッキャウフフできてしまう

プリクラもとれる()


f:id:anschluss699:20160921031030j:image

カメのカメラ目線(激おもしろギャグ)

 


f:id:anschluss699:20160921031114j:image

 新しい家族です、BIG MUFF。

ゴマフアザラシだからビッグマフにする!って言ったらギタリストどもに大爆笑された

呼びにくいのでごまふまれって呼びます

 

帰り道でいい感じの温泉に入り

(他の車と遭遇してわーいってなった)

ここらへんで雨が降りそうだから花火中止にして時間延長

花火ガチでしたかったなぁ

 

買い出しも済ませて、いい感じの時間なのに晩御飯を食べておらず、隊長以外に飯なしは厳しいので目についた海鮮丼やに駆け込む

高かった…急いでたし食べたというかかきこんだけどうまかった……

しかも個別会計ダメで大きいお金持ってるのが1年生しかいなくておごってもらった………(ちゃんと即返しました)

無事30分遅刻して4/7着でした(ひどい)

今年の隊長車毎日遅刻したわ

 

そしてパーティー

今日は最後やから飲むぞと地ビール買った
f:id:anschluss699:20160921032033j:image

一人一人と乾杯をした、みんな来てくれてありがとうな

できる女なのでドライバーにウコン差し入れて

後輩にはアイス買ってきた(溶けてた)

ぼちぼち遊んでしゃべって楽しかった!

今日は誰が何をしても絶対怒らないぞ〜〜〜と気を緩めていったらほんとに楽だったから、1,2日目ちょっと厳しすぎたなって反省した

同期ガールズ飲みにも顔出せたし

たぶんみんな疲れはてて、爆飲み大暴れもひどくなかったし

わたしが望んでたのはこれや〜〜〜とちょっと感動した

あーでも爆のみはしたかった

 

12時過ぎたくらいから遊びつつ仕事もしつつみたいな感じに切り替えたんだけど、仕事の終わらNASA

各部屋にメモ書いてチェックアウトの段取りまとめるだけでめちゃくちゃ時間が吸われた

みんながはけたあとにもくもくと進めていって、これでわたしが死んでも大丈夫でしょ状態にして書き置き残して4時就寝

女子部屋戻るのおそれ多すぎてひとりで1F和室で寝た

 

 

 

【4日目】

書き置きに7時に起こしてって書いたので7時に起こしてもらえた(他力本願)

みんなが起きるの待ちつつ片付け

1年生女子が身支度早すぎていっぱい手伝ってくれて圧倒的感謝…

このこたちはいいこになるで…………

 

起きた人からちょいちょい話を聞いて、片付け合間に4日目の楽しい配車を組んだ

富士Qをジョイポリスに変更してメンバー募ったり

1年生のためにラ!サ‼聖地巡礼カー作ったり

(これに関しては当日朝ドライバーをたちかわとらいでんに押し付けたのを快く引き受けてくれたので頭が上がらない)

まぁパーティーくらいから仕込みはしてましたが、うまく収まってよかった

 

みんなを送り出してオーナーさん来るの待って挨拶してお酒あげてチェックアウト完了

やっと旅できる〜〜〜って肩の荷が半分降りた

 

道の駅でおみやげ買って、なんとなーく横浜を目指す

メンバーがゆるくてよかった〜

念願の1女ともおしゃべりできました


f:id:anschluss699:20160921034144j:image

赤レンガ倉庫ってただの倉庫だと思ってたけど商業施設なんですね

どや顔で自撮りキメた

 
f:id:anschluss699:20160921034258j:image

ぽむらいしゅ〜〜〜〜〜

これちょうど一週間後に高校の同期が同じもん食ってて笑った

 

f:id:anschluss699:20160921034625j:image
f:id:anschluss699:20160921034458j:image

船はいいぞ港はいいぞ自撮り棒はいいぞ(?)

 

そのあとノリで近くのコスモワールドへ


f:id:anschluss699:20160921034603j:image


f:id:anschluss699:20160921034654j:image

アトラクションことごとくダメなのでこれしか乗れなかった

ただの-50℃の部屋です、くそ楽しかった

外出たときのからだが麻痺してる感覚が最高にしびれた

 
f:id:anschluss699:20160921034839j:image

このあとめちゃくちゃ絶叫した

 

早めに車を返そうってことでここで切り上げて帰宅

帰りの高速も会話弾んで楽しかったなぁ

緊張ゆるんでちょっと寝たけどw

 

到着は2/7着、妥当っぽい

家でみんなの帰りを待ちわびたけど一向に帰ってこなくて大爆笑した

いや、楽しみすぎやろ

みんな日付かわってから帰ってきて、到着連絡にメーリス使うのやめさせたわ

いっこだけ消息不明っぽいとこだけ怖くて連絡してしまったけど、まぁ、あれも取り越し苦労だったしちょっと怪我人に対して過剰になってたとこはあった

いやわたしも遊びたかったけど〜〜〜あれ以上遊んだら確実に疲れてわたしも倒れるとこだったわ


f:id:anschluss699:20160921035114j:image

みんなが着いてから、セイクとダッツで優勝

 

 

 

他の隊長2人に肉体労働(ドライバー)を投げる代わりに

他でできること、頭を使うことはやろうという気概で挑んできたわけですが

やっていくうちにみんなに楽しんでもらいたい欲目がでてきて

オーバーワークギリギリまで働きづめ!って感じで

でもパンクしなかったから楽しかった

ほんとに、楽しいから辛いに切り替わる瀬戸際まで頑張れた

 

パンクしなかったのも楽しかったのも

いろいろわがまま聞いてくれて、頼んでも頼んでなくても動いてくれた参加者のみなさん及びたちかわ木村のお陰であり

 頭が上がらないってわけですね

そもそも参加者がいなければ夏合宿なんて成立しないからね

 

やっぱり来るって決めて来てくれる人には絶対楽しんでもらおうという気持ちが

隊長3人のなかではたしかにあって

だから途中参加とかでも構成員の約半分が来てくれたのはほんとに嬉しかった

あの人数じゃ絶対叶わないんだけど、欲を言えば、最後なんだから同期全員に来てほしかった

金がないとか、あいつが嫌いだからとか

そういう理由で行かないって言われたの、本気でへこんだし悔しかったんだからな

どんなわがままでも聞くから黙って信じて来てほしかった

という誠意というか気合いを最初から充分見せられなかったのが、心残りではある

 

あと、ひとりで勝手に神経張りすぎてピリピリした場面がちょっと多すぎた

ピリピリしてたのばれてないとよかったんだけど、終わったとたんにいろんな人に「おつかれさま」って言われたのはたぶんそういうことなんだろうねぇ

 

 「おつかれさま」と同じくらい「楽しかった」と言ってもらえたので満足はしています

みんなのなかにひとつでも楽しい思い出が残ればそれだけでも隊長をやった甲斐があるんやで


f:id:anschluss699:20160925025213j:image

 

生きて帰ってこれてよかった

最後の最高の夏合宿、でした!

大サマー合宿祭り2016_前編

 

3ヶ月ぶりじゃん、笑う。

更新してない間に年を取ったり失恋したり、ロッキン行ってスマホを割ったりしました

 

 

 

 9/1-4に、サークルの合宿で伊豆に行った

軽音サークルだけど4日間遊びまくる頭の悪い合宿で

今年は最年長なので隊長(幹事)をしました

 

 

隊長トリオは新歓ちょい前くらいに決まって

5月からゆるゆる動いてたわけですが

下見からもうトラブル続きで

予定の宿が思ったより最悪だったり

車こすったり

集金日早めたり

結局下見2回行ったり(3人とも7月が暇でよかった)

去年おととしの先輩たちはこんなバタバタしてるイメージじゃなかったんだけどなぁ

難しいもんですね

 

前日にできるだけ仕事整理してからいこう〜と思ってたら徹夜失敗して(ゴミカス)

ぶっつけでやっていく感じになってしまった

配車はめちゃくちゃ考えて決めたんだけど

そのぶんお金の管理がずさんだった…

 

 

【1日目】

あれだけみんなに注意して自分が遅刻するのは笑えなかったけどギリギリ回避した

くじと交通費をその場で作る

つくば脱出前に金を下ろしに行く(まさかの下ろし忘れがあった)

わりと前途多難な出だしになってしまった

 

大渋滞にはまりつつも江ノ島

2回目だけど江ノ島ダンジョンみたいで好き

江ノ島エスカーに乗れたので往年のアジカンファンとしては大満足◎


f:id:anschluss699:20160909015303j:image

 

ランチは江ノ島丼をたべました


f:id:anschluss699:20160909015344j:image

貝類の卵とじらしい、おいしかった

 

江ノ島から伊豆まで向かう道中がずーーーっと海沿いでいい眺めでした

湘南で水着ギャルが車の目の前を横断したから、たちかわと「ナイスケツ!」ってはしゃいでた(ダメそう)

 

予定より2時間くらい遅れて宿着

管理人さんに無事エンカしてチェックイン

怒ってなくてよかった…………

そこから爆速で買い出しとお風呂

最寄りのスーパー×2がぽんこつすぎたので下見からチェックしとくべきだった…

お風呂も最寄りのとこが定休日で

ちょっと離れたところにかけこんだら超豪華風呂すぎて泣いた

露天風呂から見る夜空、エモすぎ!!!

30分しか入れないのが唯一残念だった

そして無事後輩たちを待たせつつ10分遅刻で宿戻

 

パーティー、初日からドライバーたちがぶっとばしててさすがに草が生えた

ロシアンルーレットとかやってたみたいですね、おそろしや

わたしはお金まとめたりくじ作ったりで仕事盛りだくさんだったので(すべてやっておかなかったのが悪い)

セイク飲めなかった…なんならごはんもカップ焼きそば………

玄関にカウンターみたいなとこがあってそこでずっと仕事してたんだけど、みんながぼちぼちカウンターに来てくれておしゃべりしたのでめっちゃ楽しく仕事できた(笑)

バーのママの気分になりました

日付変わった辺りからみんなを寝かせる体制に入って2時には落ち着いたかなって感じで部屋帰った

同期女子みんな寝るの早すぎてほんと好き

 

布団のなかで、やり残したこととかいろんな事態を考えてたんだけど、

何がいちばん嫌かなって考えたときに、

交通事故も含めて誰かが怪我とかするのがいちばん厳しいなって思った。

思ってしまったらちょっと眠れなくなって困った

今思うとこれ完全にフラグなんだよな、最低

 

 

 

【2日目】

5時半くらいにスッゴいでかい音がした(らしい、3時半に寝たから気づかなかった)

7時半に木村に起こされて、「たちかわさんが階段から転んで頭から血出てガラス割りました」って言われた

ちょっとよくわからなかった、寝起きに処理できる情報量じゃなかった

下に降りたら扉のガラスが割れてた、破片は処理されてた

あと頭押さえながらたちかわが寝てた

声かけたら起き上がったのでほっとした

既に起きた人がいろいろやってくれたっぽくて感謝しかなかった

わたしなら起きて人倒れてたら、ましてやそれが幹事の片割れだったら卒倒確実だった…

二日酔いのこいけに土下座してたちかわを即病院送りにした

送ってからも半分寝ぼけてたけど、ここで中止にするのもダメだと思ったから

くじ変えてドライバーの組み合わせも変えてみんなを宿から送り出した

宿でひとりになったときにやっと実感がわいたっていうか夜中あんなこと考えなきゃよかったなぁってなった

 

やっちまったもんは仕方ないので管理人さんにガラス割りました報告電話したら「全然大丈夫ですよ〜」って言われて完全に拍子抜けした

(今も弁償の話はされてないのでほんとに大丈夫だったみたい)

心広すぎか?太平洋か?

そして3時間くらい宿でひとりで時間潰した

パソコン持ってきといてよかったw

 

無事にn針縫って帰って来たのでひと安心

朝昼食べてなくて倒れそうだったので、たちかわを宿に置いてこいけと花火の海探し&めしくいに行った


f:id:anschluss699:20160909024522j:image

サザエカレー。昨日から貝ばっかり食べてる


f:id:anschluss699:20160909024601j:image

顔レベルの大きさの味噌汁出て来て、味噌汁の概念を覆された


f:id:anschluss699:20160909024717j:image

伊豆の海、綺麗すぎて大洗とはなんだったのかみたいな気持ちになった

 

とりあえず宿帰って、他の車と連絡とりつつ1時間くらい暇が生まれたので、3人で映画を見ることにした(Huluは神、はっきりわかんだね)

昨日車内で「合宿もうめんどくなったら映画見に行こうぜw」って言ってたのが奇しくも叶ってしまった

話が微妙そうっていう理由で選ばれたピザボーイをこいけだけが唯一真面目に見てて笑った

 

その後、道の駅で他の車と合流して、お風呂と個人機材調達して、BBQの買い出しをした


f:id:anschluss699:20160909031414j:image

この日唯一の女子大生みたいな写真です

隊長以外の人間が多かったから焦る気持ちが足りず大幅遅刻…遅刻しかしてねぇな

BBQをエサにして脅すとみんな遅刻しないということが証明された

ここでもたちかわとこいけに追加買い出しさせたので、3人分肉とっといてみんなが静まった頃にゆっくりたべました

あとマハデプおじのバースデーサプライズをした

みんな、思いつきなのに乗ってくれてありがとうな!

jsys_travelのときの手作りケーキスキルが発揮されてよかった(ほぼたきちゃんに任せてた)

 

BBQの火が消えるまで同期男子ズと火の番しながらゲストークしてた

下ネタOKの集まりだったので半分以上下ネタ言ってた(ゴミカス)

ぞうさんのライトハンド奏法(じわる)

男子同士で下ネタ言うことはあってもそこに一応女子のわたしが混ぜてもらえることはなかなかないからね、貴重な体験だった(?)

や、正直この日のなかでこの時がいちばん楽しかったですね

 

火が消えて宿に戻ったら、みんな騒いでるしさらに爆のみ始まるしマジかーーーって感じで

朝のことがあったから、けっこう酔っぱらいのみんなに厳しく応対してしまったなぁと反省

実際あんな心労は合宿中に二度と味わいたくなかったからな

3時くらいにやばそうなやつはほぼ片付け終えたので寝かせてもらいました

 

 

 

これ思ったより長いな、後半に続く(たぶん)

帰る場所があるから帰りたくなる

6/17に毎年恒例の同窓会と初めての同期同窓会に行った話がエモすぎたので書きます
 
 
 
 
 
うちの高校は毎年6月第3金曜に校友会というイベントがあって
関東にいるうちの高校出身の人間が一堂に会する(漢字あってるのか?)
創立140年越えてるだけあって、大学生から90代のおじさまおばさままで勢揃いで異種格闘技みたいになる
うまくいくとコネができたり就職できたりするある意味ヤバいイベント
 
 
毎年余興で大学生有志のダンスパフォーマンスをやる
わたしは3年連続踊りました
年々メンバーにっょぃ人ばっかり来るので、初心者のわたしは泣きながらChoo Choo Trainを踊るってワケよ
そのぶん曲編で貢献するんだけど
来年は最上級生だからプロデューサーにまわりたいな!(もう踊れない)
 
 
来る人なんてわりと毎年固定だけど、今年は1つ上の先輩がめちゃくちゃ来て
「あぁ〜〜〜ウェイうっせぇ〜〜〜」ってなった
そのなかに、わたしの憧れの先輩が来てて腰を抜かした
そもそも関東にいたことを知らなかった
 
先輩は数学甲子園でお世話になった人で
いちばん強かった代の人で
先輩が3年のときの予選にわたしも同じチームで出てたりして
まぁとにかくあこがれだったんですけど
先輩卒業しちゃうときになぜかわたしが色紙をもらって感涙してしまったり
わたしの年上嫌いを直したり
黒いシャツが似合うイケメンだったり
まぁとにかく偉大。ほんとに尊い。
 
偉大すぎて話しかけに行けねぇ〜とか思ってたら向こうから話しかけてもらえて、嬉しさのあまり涙ちょちょぎれてしまった
先輩は数学科に進学してたらしくて、ぶれないなぁって思った
情報系どころか工学とかにもぶれぶれだったしいまでもぶれぶれな自分がちょこっと情けなくなった
トポロジーの話をしたのでトポロジーとっといてよかったなって(笑)
あいかわらずいい人だったかっこよかった
 
 
在学中にお世話になる機会がなかった高校の先生が来てたんだけど、メタラーだったのでメタリカの話をするなどした
あとお父さん世代の人たちから就活の話聞いたり
生徒会の後輩としゃべったり
2こ下がいっぱい関東に来てて嬉しいぞ
 
 
 
そこからダッシュで新宿向かって(大遅刻したけど)
同期の同窓会に行ってきた
正直メンツがパッとしなくてほんと早退しようと思ってたんだけど
着いたとたんに「あかのじゃん!!!」って各方面から声かけてもらって秒で気持ち切り替えた(笑)
生徒会長でよかった〜〜〜〜〜
 
余ってた席ははじっこで目の前はウェイ隣はオタクみたいな限界っぽいとこだった
ほんとに限界だった、、、
向かいの席に座った高3のときの同じクラスの男子の親戚が、まさかの同じ学類の2こ上(2留したので同学年)で、世間狭すぎて大爆笑した
こんなことってあるんだなぁ
 
 
***
 
 
3年間一緒に過ごしたから、いまでも同じ集団だなって意識はあるんだけど
2年間ばらばらだった状態でまた出会うと、みんなちょっとずつ変わってて
にんげんだなあとおもった
時々会って懐かしさに浸るのもいいもんだ